メールの資料請求・ご相談24時間受付中!!
詳しくはこちら
施工実績 よくある質問 SKSブログ 求人募集 チャレンジ25
モバイルサイト
twitter
facebook

HOME > SKSブログ

SKSブログ

6月の星空

2017年 6月

梅雨の季節となり、今月は晴れた星空を見られる日が少なくなりそうだ。この時期に見ごろとなる星座や天体の観察には、貴重な機会を逃さないようにしよう。スッキリと晴れていなくても、雲間に見える星や月を探すのも面白い。

とくに見ものなのは縞模様やガリレオ衛星が楽しみな木星と、ここ数年のうちで環が一番広く見える土星だ。とくに木星は宵のころに高く上っているので見やすい。天体観望会に参加して、大きい天体望遠鏡でじっくり眺めてみよう。土星は深夜に最も高くなるため観望会で見るのは難しいかもしれないが、9~10日に満月と並ぶ光景は肉眼でも楽しめる。

明け方の東の空には明けの明星の金星が輝いている。見晴らしが良ければ2時半から3時ごろには見え、この季節の夜の短さを実感できるだろう。夏至である21日の明け方に細い月と共演する

今月の星空 6月

全天星図

図は、15日の午後8時頃に、南に向かって見上げたときの星空です。
月初めは午後9時頃に、月末は午後7時頃に同じような星空になります。

今月の惑星 6月

水星

上旬中旬下旬
***
等級-0.6-1.5-1.8
視直径5.9″5.2″5.1″
星座おうしおうしふたご
現象
  • 21日 外合
  • 29日 火星の北を通る

金星

上旬中旬下旬
***
等級-4.3-4.2-4.2
視直径23.4″21.0″19.1″
星座うおおひつじおひつじ
現象

火星

上旬下旬
**
等級1.71.7
視直径3.7″3.6″
星座おうしふたご
現象
  • 29日 水星が北を通る

木星

上旬下旬
**
等級-2.2-2.1
視直径40.2″38.0″
星座おとめおとめ
現象
  • 10日 留

土星

上旬下旬
**
等級0.00.0
視直径18.3″18.3″
星座へびつかいへびつかい
現象

天王星・海王星

天王星(中旬)海王星(中旬)
**
等級5.97.9
視直径3.4″2.3″
星座うおみずがめ
現象

事務所入口のモッコウバラ

モッコウバラ

5月の星空

2017年 5月

木星の見ごろが続いている。ガリレオ衛星の動きや表面の縞模様を、双眼鏡や天体望遠鏡で見てみよう。休みの日に科学館などで大きい望遠鏡を覗かせてもらうのもおススメだ。

木星は現在おとめ座の中をゆっくりと逆行していて、1等星スピカから離れ3等星ポリマへと近づいている。7~8日にはそこに月も加わり、月と木星の共演(肉眼や双眼鏡で)や、月がポリマを隠すポリマ食(望遠鏡で)が見られる。

連休終盤にはみずがめ座η流星群が活動のピークを迎える。6日の未明から明け方が一番の観察チャンスだ。1時間あたり5~10個と数は多くないが、夏の大三角や明けの明星の金星などを眺めながら流れ星を待ってみよう。

東の空の高いところに、北斗七星からうしかい座のアルクトゥールス、おとめ座のスピカへと春の大曲線が大きくのびている。カーブに沿って伸びをするかのように、のんびりと広く空を見渡そう。

今月の星空 5月

全天星図

図は、15日の午後8時頃に、南に向かって見上げたときの星空です。
月初めは午後9時頃に、月末は午後7時頃に同じような星空になります。

今月の惑星 5月

水星

上旬中旬下旬
***
等級1.70.70.1
視直径10.5″8.7″7.1″
星座うおうおおひつじ
現象

金星

上旬中旬下旬
***
等級-4.5-4.5-4.4
視直径35.5″30.5″26.7″
星座うおうおうお
現象

火星

上旬下旬
**
等級1.61.7
視直径3.9″3.7″
星座おうしおうし
現象

木星

上旬下旬
**
等級-2.4-2.3
視直径43.2″41.4″
星座おとめおとめ
現象

土星

上旬下旬
**
等級0.10.0
視直径17.8″18.2″
星座いてへびつかい
現象

天王星・海王星

天王星(中旬)海王星(中旬)
**
等級5.97.9
視直径3.4″2.2″
星座うおみずがめ
現象
  • 8日 天王星:水星が南を通る

4月の星空

2017年 4月

宵空に木星の輝きが目立つようになってきた。8日に衝となり観望の絶好機を迎える木星は、7月頃まで夜空の主役を務める。肉眼ではスピカと並ぶ光景や10~11日の月との共演を、双眼鏡や天体望遠鏡ではガリレオ衛星の動きや縞模様を楽しもう。

月初めには夕空で水星が見やすい。1日の宵にアルデバランが月に隠されるのも楽しみだ。水星もアルデバラン食も、双眼鏡を使うと見やすい。方位や高度、時刻をよく調べておこう。

また、双眼鏡ではタットル・ジャコビニ・クレサーク彗星も探してみよう。北天にあってほぼ一晩中見えるので、じっくりと見たり撮ったりできる。

「うみへび座」「おとめ座」「おおぐま座」など、春の星座には大きなものが多い。暖かく過ごしやすくなってきた夜空の下で、ゆったりと大きな星座たちを眺めよう。

今月の星空 4月

全天星図

図は、15日の午後8時頃に、南に向かって見上げたときの星空です。
月初めは午後9時頃に、月末は午後7時頃に同じような星空になります。

今月の惑星 4月

水星

上旬中旬下旬
***
等級0.73.74.1
視直径8.5″10.9″11.8″
星座おひつじおひつじうお
現象

金星

上旬中旬下旬
***
等級-4.3-4.5-4.5
視直径55.8″48.9″41.6″
星座うおうおうお
現象
  • 13日 留
  • 30日 最大光度

火星

上旬下旬
**
等級1.51.6
視直径4.2″4.0″
星座おひつじおうし
現象

木星

上旬下旬
**
等級-2.5-2.4
視直径44.2″43.8″
星座おとめおとめ
現象

土星

上旬下旬
**
等級0.20.1
視直径17.0″17.6″
星座いていて
現象

天王星・海王星

天王星(中旬)海王星(中旬)
**
等級5.97.9
視直径3.3″2.2″
星座うおみずがめ
現象
  • 14日 天王星:合
  • 29日 天王星:水星が南を通る

3月の星空

2017年 3月

昨秋から半年にわたり夕空でまぶしく輝き続けてきた金星が、今月下旬に内合を迎える。再び宵の明星として見えるのは約1年後だ。中旬ごろまでに、しっかり見納めしておこう。天体望遠鏡で、大きく細くなった金星の姿も見ておきたい。

金星のシーズンオフと入れ替わるように、木星の観望シーズンが始まろうとしている。夜10時ごろ、南東の空でおとめ座のスピカと並ぶ光景が印象的だ。2つの星の色や明るさ、瞬きかたの違いなどを確かめてみよう。14日から15日には明るい月も接近し3天体共演が楽しめる。また、双眼鏡や天体望遠鏡でガリレオ衛星や縞模様も観察してみよう。

オリオン座やふたご座が空の西半分に移り、北斗七星やしし座が高く上って見やすくなってきた。気温の変化や木々の様子と共に、星座の移り変わりにも季節を感じてみよう。

今月の星空 3月

全天星図

図は、15日の午後8時頃に、南に向かって見上げたときの星空です。
月初めは午後9時頃に、月末は午後7時頃に同じような星空になります。

今月の惑星 3月

水星

上旬中旬下旬
***
等級-1.6-1.5-0.9
視直径4.9″5.2″6.2″
星座みずがめうおうお
現象
  • 4日 海王星の南を通る
  • 6日 外合
  • 17日 金星の南を通る
  • 27日 天王星の北を通る

金星

上旬中旬下旬
***
等級-4.5-4.3-4.0
視直径49.9″56.5″59.4″
星座うおうおうお
現象
  • 2日 留
  • 17日 水星が南を通る
  • 23日 内合

火星

上旬下旬
**
等級1.31.4
視直径4.5″4.3″
星座うおおひつじ
現象

木星

上旬下旬
**
等級-2.4-2.4
視直径42.5″43.9″
星座おとめおとめ
現象

土星

上旬下旬
**
等級0.30.2
視直径16.2″16.7″
星座いていて
現象

天王星・海王星

天王星(中旬)海王星(中旬)
**
等級5.98.0
視直径3.4″2.2″
星座うおみずがめ
現象
  • 2日 海王星:合
  • 4日 海王星:水星が南を通る
  • 27日 天王星:水星が北を通る

2月の星空

2017年 2月

今月も、夕空に宵の明星の金星の輝きがひときわ目立つ。夕方から宵の西の空には金星の他にも、火星と天王星くじら座の変光星ミラエンケ彗星なども見える。肉眼ではやや難しいもの、少し地味なものもあるが、金星以外の観察にも挑戦してみたい。

未明から明け方には本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星が楽しみだ。やはり観察には双眼鏡が必要になりそうだが、約70年前に本田実さんたち3人が発見した歴史ある彗星を、ぜひ探してみよう。写真にも収めてみたい。

冬の大三角やオリオン座が見やすい時期になってきた。関東以南では全天2位の輝星カノープスも忘れずに見ておきたい。立春を迎えるとはいえ、まだまだ寒い季節、万全の防寒で天体観察や星空巡りを楽しもう。

今月の星空 2月

全天星図

図は、15日の午後8時頃に、南に向かって見上げたときの星空です。
月初めは午後9時頃に、月末は午後7時頃に同じような星空になります。

今月の惑星 2月

水星

上旬中旬下旬
***
等級-0.2-0.4-0.9
視直径5.4″5.0″4.9″
星座いてやぎみずがめ
現象

金星

上旬中旬下旬
***
等級-4.6-4.6-4.6
視直径32.6″37.8″44.2″
星座うおうおうお
現象
  • 17日 最大光度

火星

上旬下旬
**
等級1.11.3
視直径5.0″4.7″
星座うおうお
現象

木星

上旬下旬
**
等級-2.2-2.3
視直径39.5″41.7″
星座おとめおとめ
現象

土星

上旬下旬
**
等級0.40.3
視直径15.6″16.0″
星座へびつかいいて
現象

天王星・海王星

天王星(中旬)海王星(中旬)
**
等級5.98.0
視直径3.4″2.2″
星座うおみずがめ
現象

一月の星空

2017年 1月

2017年はお正月早々に面白い天文現象が目白押しだ。まず初日の出を拝んだら、夕方は反対の西の空に注目。宵の明星の金星の左上で、火星と海王星が大接近している。双眼鏡や天体望遠鏡で見てみよう。

翌2日の夕方には細い月と金星が大接近する美しい光景が見られる。こちらは肉眼でも楽しめるので気軽に眺めよう。さらにその翌日3日には月と火星が大接近し、やはり肉眼で見ることができる。3日深夜はしぶんぎ座流星群も楽しみだ。

お正月以降も、9日深夜から10日未明のアルデバラン食や、双眼鏡で見える小惑星ベスタなど、見ものが多くある。もちろん、オリオン座を中心とする季節の星座も見逃せない。寒さ対策をしっかりとして、2017年の星見初めをしてみよう。

今月の星空 1月

全天星図

図は、15日の午後8時頃に、南に向かって見上げたときの星空です。
月初めは午後9時頃に、月末は午後7時頃に同じような星空になります。

今月の惑星 1月

水星

上旬中旬下旬
***
等級1.2-0.1-0.2
視直径9.1″7.2″6.1″
星座いていていて
現象

金星

上旬中旬下旬
***
等級-4.4-4.4-4.5
視直径22.6″25.1″28.2″
星座みずがめみずがめうお
現象

火星

上旬下旬
**
等級0.91.1
視直径5.6″5.2″
星座みずがめうお
現象

木星

上旬下旬
**
等級-2.0-2.1
視直径35.9″38.2″
星座おとめおとめ
現象
  • 9日 西矩

土星

上旬下旬
**
等級0.40.4
視直径15.1″15.4″
星座へびつかいへびつかい
現象

天王星・海王星

天王星(中旬)海王星(中旬)
**
等級5.87.9
視直径3.5″2.2″
星座うおみずがめ
現象

誕生日の木12月

12月
12月1日

アカマツ
12月2日

キンカン
12月3日

イイギリ
12月4日

ラカンマキ
12月5日

ツバキ 'ボクハン'
12月6日

ツルウメモドキ
12月7日

ポインセチア
12月8日

モチノキ
12月9日

セイヨウイワナンテン
12月10日

カンチク
12月11日

チャイニーズホーリー
12月12日

チャボヒバ
12月13日

ドイツトウヒ
12月14日

シロダモ
12月15日

ピラカンサ
12月16日

コウヤマキ
12月17日

シホウチク
12月18日

ヒノキ
12月19日

アオキ
12月20日

ニオイヒバ
12月21日

イチイ
12月22日

ユズ
12月23日

トウジバイ(冬至梅)
12月24日

モミ
12月25日

ゴールドクレスト
12月26日

ハツユキカズラ
12月27日

ミズキ
12月28日

ローズマリー
12月29日

スダジイ
12月30日

ヤマグルマ
12月31日

アスナロ

誕生日の木


20161106_38.JPG

<<前のページへ1234567891011

アーカイブ

このページのトップへ