メールの資料請求・ご相談24時間受付中!!
詳しくはこちら
施工実績 よくある質問 SKSブログ 求人募集 チャレンジ25
モバイルサイト
twitter
facebook

HOME > SKSブログ > 12月の星空

SKSブログ

< 相模湖イルミネーション  |  一覧へ戻る

12月の星空

2017年 12月

12月といえばふたご座流星群。13日宵から14日明け方と14日宵から15日明け方の2夜を中心に、多くの流れ星が期待できる。今年は月明かりの影響がほぼない好条件なので、防寒をしっかりとして夜空を見上げてみよう。14日の明け方には細い月と火星が、15日の明け方にはさらに細い月と木星が、東の空で接近する。運が良ければ、月と惑星と流れ星の共演が目にできるかもしれない。

宵空には冬の星々が見え始めている。先頭を切って北東の空に昇ってくる1等星はぎょしゃ座のカペラだ。日暮れが早いこの時期、空が暗くなるころにはもう、カペラはかなり高いところに見えているだろう。そのカペラが見えれば、ほかの1等星や星座たちが次々に昇ってくるのを想像して楽しむことができる。ついでに2018年の星空や天文現象にも思いを巡らせながら、年末の星空を眺めてみよう。

今月の星空 12月

全天星図

図は、15日の午後8時頃に、南に向かって見上げたときの星空です。
月初めは午後9時頃に、月末は午後7時頃に同じような星空になります。

今月の惑星 12月

水星

上旬中旬下旬
***
等級0.93.80.1
視直径8.7″9.8″7.9″
星座いてへびつかいへびつかい
現象
  • 3日 留
  • 6日 土星の南を通る
  • 13日 内合
  • 16日 金星の北を通る
  • 23日 留

金星

上旬中旬下旬
***
等級-3.9-3.9-3.9
視直径9.9″9.8″9.8″
星座さそりへびつかいいて
現象
  • 16日 水星が北を通る
  • 26日 土星の南を通る

火星

上旬下旬
**
等級1.71.5
視直径4.3″4.6″
星座おとめてんびん
現象

木星

上旬下旬
**
等級-1.7-1.8
視直径31.5″32.6″
星座てんびんてんびん
現象

土星

上旬下旬
**
等級0.50.5
視直径15.0″15.0″
星座いていて
現象
  • 6日 水星が南を通る
  • 22日 合
  • 26日 金星が南を通る

天王星・海王星

天王星(中旬)海王星(中旬)
**
等級5.77.9
視直径3.6″2.2″
星座うおみずがめ
現象

< 相模湖イルミネーション  |  一覧へ戻る

このページのトップへ