メールの資料請求・ご相談24時間受付中!!
詳しくはこちら
施工実績 よくある質問 SKSブログ 求人募集 チャレンジ25
モバイルサイト
twitter
facebook

HOME > SKSブログ > アーカイブ > 2017年5月アーカイブ

SKSブログ 2017年5月アーカイブ

事務所入口のモッコウバラ

モッコウバラ

5月の星空

2017年 5月

木星の見ごろが続いている。ガリレオ衛星の動きや表面の縞模様を、双眼鏡や天体望遠鏡で見てみよう。休みの日に科学館などで大きい望遠鏡を覗かせてもらうのもおススメだ。

木星は現在おとめ座の中をゆっくりと逆行していて、1等星スピカから離れ3等星ポリマへと近づいている。7~8日にはそこに月も加わり、月と木星の共演(肉眼や双眼鏡で)や、月がポリマを隠すポリマ食(望遠鏡で)が見られる。

連休終盤にはみずがめ座η流星群が活動のピークを迎える。6日の未明から明け方が一番の観察チャンスだ。1時間あたり5~10個と数は多くないが、夏の大三角や明けの明星の金星などを眺めながら流れ星を待ってみよう。

東の空の高いところに、北斗七星からうしかい座のアルクトゥールス、おとめ座のスピカへと春の大曲線が大きくのびている。カーブに沿って伸びをするかのように、のんびりと広く空を見渡そう。

今月の星空 5月

全天星図

図は、15日の午後8時頃に、南に向かって見上げたときの星空です。
月初めは午後9時頃に、月末は午後7時頃に同じような星空になります。

今月の惑星 5月

水星

上旬中旬下旬
***
等級1.70.70.1
視直径10.5″8.7″7.1″
星座うおうおおひつじ
現象

金星

上旬中旬下旬
***
等級-4.5-4.5-4.4
視直径35.5″30.5″26.7″
星座うおうおうお
現象

火星

上旬下旬
**
等級1.61.7
視直径3.9″3.7″
星座おうしおうし
現象

木星

上旬下旬
**
等級-2.4-2.3
視直径43.2″41.4″
星座おとめおとめ
現象

土星

上旬下旬
**
等級0.10.0
視直径17.8″18.2″
星座いてへびつかい
現象

天王星・海王星

天王星(中旬)海王星(中旬)
**
等級5.97.9
視直径3.4″2.2″
星座うおみずがめ
現象
  • 8日 天王星:水星が南を通る

1

« 2017年3月 | メインページ | アーカイブ | 2017年6月 »

このページのトップへ