メールの資料請求・ご相談24時間受付中!!
詳しくはこちら
施工実績 よくある質問 SKSブログ 求人募集 チャレンジ25
モバイルサイト
twitter
facebook

HOME > SKSブログ > アーカイブ > 2017年1月アーカイブ

SKSブログ 2017年1月アーカイブ

一月の星空

2017年 1月

2017年はお正月早々に面白い天文現象が目白押しだ。まず初日の出を拝んだら、夕方は反対の西の空に注目。宵の明星の金星の左上で、火星と海王星が大接近している。双眼鏡や天体望遠鏡で見てみよう。

翌2日の夕方には細い月と金星が大接近する美しい光景が見られる。こちらは肉眼でも楽しめるので気軽に眺めよう。さらにその翌日3日には月と火星が大接近し、やはり肉眼で見ることができる。3日深夜はしぶんぎ座流星群も楽しみだ。

お正月以降も、9日深夜から10日未明のアルデバラン食や、双眼鏡で見える小惑星ベスタなど、見ものが多くある。もちろん、オリオン座を中心とする季節の星座も見逃せない。寒さ対策をしっかりとして、2017年の星見初めをしてみよう。

今月の星空 1月

全天星図

図は、15日の午後8時頃に、南に向かって見上げたときの星空です。
月初めは午後9時頃に、月末は午後7時頃に同じような星空になります。

今月の惑星 1月

水星

上旬中旬下旬
***
等級1.2-0.1-0.2
視直径9.1″7.2″6.1″
星座いていていて
現象

金星

上旬中旬下旬
***
等級-4.4-4.4-4.5
視直径22.6″25.1″28.2″
星座みずがめみずがめうお
現象

火星

上旬下旬
**
等級0.91.1
視直径5.6″5.2″
星座みずがめうお
現象

木星

上旬下旬
**
等級-2.0-2.1
視直径35.9″38.2″
星座おとめおとめ
現象
  • 9日 西矩

土星

上旬下旬
**
等級0.40.4
視直径15.1″15.4″
星座へびつかいへびつかい
現象

天王星・海王星

天王星(中旬)海王星(中旬)
**
等級5.87.9
視直径3.5″2.2″
星座うおみずがめ
現象

1

« 2016年12月 | メインページ | アーカイブ | 2017年2月 »

このページのトップへ