メールの資料請求・ご相談24時間受付中!!
詳しくはこちら
施工実績 よくある質問 SKSブログ 求人募集 チャレンジ25
モバイルサイト
twitter
facebook

HOME > SKSブログ

SKSブログ

10月の星空

2017年 10月

10月4日の月は中秋の名月。満月の2日前で左側が少し欠けているものの、澄んだ夜空に浮かぶ白い月の美しさは格別だ。月そのものも、月明かりに照らされた街や自然の景色も、眺めたリ撮影したりしてみよう。前後の日の満ち欠けした月も、あらためて眺めてみると名月とは違う美しさや面白さ、趣を感じられるかもしれない。

一方、月明かりがない夜には双眼鏡で少し暗めの天体探しに挑戦してみたい。みずがめ座に海王星、うお座に天王星、おひつじ座に小惑星イリスと、秋~初冬の星座に1つずつ惑星や小惑星が位置している。いずれも双眼鏡があれば見つけられるので、じっくり探そう。

天王星や海王星を探したら、周りの星々にも目を向けてみよう。秋の星座は目立たないものが多いが、秋の四辺形を出発点として南にみずがめ座、南東にうお座やくじら座、北東にアンドロメダ座といった具合に星をたどれば、きっと見つけられるはずだ。

今月の星空 10月

全天星図

図は、15日の午後8時頃に、南に向かって見上げたときの星空です。
月初めは午後9時頃に、月末は午後7時頃に同じような星空になります。

今月の惑星 10月

水星

上旬中旬下旬
***
等級-1.5-1.1-0.6
視直径4.9″4.7″4.8″
星座おとめおとめてんびん
現象
  • 8日 外合
  • 18日 木星の南を通る

金星

上旬中旬下旬
***
等級-3.9-3.9-3.9
視直径11.0″10.7″10.5″
星座ししおとめおとめ
現象

火星

上旬下旬
**
等級1.81.8
視直径3.7″3.8″
星座ししおとめ
現象

木星

上旬下旬
**
等級-1.7-1.7
視直径30.8″30.6″
星座おとめおとめ
現象
  • 18日 水星が南を通る
  • 27日 合

土星

上旬下旬
**
等級0.30.4
視直径16.0″15.5″
星座へびつかいへびつかい
現象

天王星・海王星

天王星(中旬)海王星(中旬)
**
等級5.77.8
視直径3.7″2.3″
星座うおみずがめ
現象

秋のお彼岸

秋のお彼岸

FullSizeRender (003).jpg

9月の星空

2017年 9月

先月に続いて明け方の空がにぎやかだ。一番目立つのは明けの明星の金星で、その輝きの美しさだけでなく、いろいろな天体と大接近する現象が楽しめる。まず2日前後に、かに座のプレセペ星団と大接近するのを双眼鏡で見てみよう。その後、18日に月齢27の細い月20日前後にレグルスと大接近し、こちらは肉眼でも見える。

金星より低いところでは、中旬ごろに水星と火星が大接近する。最接近の17日は間隔0.1度未満の超大接近だ。火星がやや暗いので、これも双眼鏡を使うと見やすいだろう。19日には水星と火星の間に月齢28の極細月が並ぶのも見逃せない。毎日変化する3惑星の並び方や月、1等星などとの共演を追ってみよう。

宵空の星座は夏から秋への移行期で、夏の大三角が天頂からやや西寄りに、やぎ座やみずがめ座、秋の四辺形が南から東の空に見える。明け方のようなにぎやかさはないが、落ち着いた空も、もちろん美しい。

今月の星空 9月

全天星図

図は、15日の午後8時頃に、南に向かって見上げたときの星空です。
月初めは午後9時頃に、月末は午後7時頃に同じような星空になります。

今月の惑星 9月

水星

上旬中旬下旬
***
等級1.5-0.6-1.2
視直径9.0″6.6″5.4″
星座しししししし
現象

金星

上旬中旬下旬
***
等級-4.0-3.9-3.9
視直径12.2″11.7″11.4″
星座かにしししし
現象

火星

上旬下旬
**
等級1.81.8
視直径3.6″3.6″
星座しししし
現象

木星

上旬下旬
**
等級-1.7-1.7
視直径31.9″31.0″
星座おとめおとめ
現象

土星

上旬下旬
**
等級0.20.3
視直径16.8″16.2″
星座へびつかいへびつかい
現象
  • 12日 東矩

天王星・海王星

天王星(中旬)海王星(中旬)
**
等級5.77.8
視直径3.7″2.3″
星座うおみずがめ
現象

富士山

FullSizeRender.jpg

8月の星空

2017年 8月

今月は未明から明け方に見ごろとなる天文現象がいろいろとある。スケジュール調整や体調管理をしっかりとして楽しもう。

まず、8日の未明から明け方に部分月食が起こる。直径の約4分の1が欠ける小粒の月食だが、本影食が見られるのは2年4か月ぶりなので注目したい。

この満月がだんだん細くなっていき新月となるタイミングで、アメリカ横断皆既日食が起こる。日本時間では22日未明から明け方が皆既食の時間帯となるので、中継で楽しむ場合は時差等を確かめておこう。

月食と日食の間、8月中旬にはペルセウス座流星群の活動が活発になる。月明かりはあるが、明るい流れ星の割合も多いので期待したい。一番の見ごろは12日深夜~13日明け方と遅い時間帯なので、無理をせず、安全やマナーにも気をつけて楽しもう。

今月の星空 8月

全天星図

図は、15日の午後8時頃に、南に向かって見上げたときの星空です。
月初めは午後9時頃に、月末は午後7時頃に同じような星空になります。

今月の惑星 8月

水星

上旬中旬下旬
***
等級0.71.74.5
視直径8.5″10.1″10.9″
星座ろくぶんぎろくぶんぎろくぶんぎ
現象
  • 12日 留
  • 26日 内合

金星

上旬中旬下旬
***
等級-4.0-4.0-4.0
視直径14.2″13.4″12.8″
星座ふたごふたごかに
現象

火星

上旬下旬
**
等級1.71.8
視直径3.5″3.5″
星座かにしし
現象
  • 5日 地球から最遠

木星

上旬下旬
**
等級-1.9-1.8
視直径33.9″32.5″
星座おとめおとめ
現象

土星

上旬下旬
**
等級0.10.2
視直径17.6″17.1″
星座へびつかいへびつかい
現象

天王星・海王星

天王星(中旬)海王星(中旬)
**
等級5.87.8
視直径3.6″2.3″
星座うおみずがめ
現象
  • 3日 天王星:留

7月の星空

2017年 7月

7月7日は七夕。おりひめ星とひこ星は夜9時ごろに東の空に見えている。広い範囲で梅雨の真っ最中のため星空を見るのは難しいかもしれないが、雨や曇りでも、その向こうに広がる星の世界を想像してみよう。旧暦に基づく伝統的七夕は、今年は遅めの8月28日だ。

七夕の7日には月と土星の共演も見られる。肉眼や双眼鏡で並ぶ光景を、天体望遠鏡で月の模様や土星の環を観察してみよう。南西の空に明るく光る木星はそろそろシーズン終盤なので、こちらもしっかり見ておきたい。

明け方の東の空では金星の輝きがまぶしい。金星はおうし座を移動中で、上旬にはプレアデス星団と並び、中旬にはアルデバランやヒヤデス星団と接近する。双眼鏡で美しい眺めを楽しもう。

今月の星空 7月

全天星図

図は、15日の午後8時頃に、南に向かって見上げたときの星空です。
月初めは午後9時頃に、月末は午後7時頃に同じような星空になります。

今月の惑星 7月

水星

上旬中旬下旬
***
等級-0.8-0.10.3
視直径5.4″6.1″7.1″
星座かにかにしし
現象

金星

上旬中旬下旬
***
等級-4.1-4.1-4.0
視直径17.5″16.3″15.2″
星座おうしおうしおうし
現象

火星

上旬下旬
**
等級1.71.7
視直径3.6″3.5″
星座ふたごかに
現象
  • 28日 合

木星

上旬下旬
**
等級-2.0-1.9
視直径36.9″34.9″
星座おとめおとめ
現象

土星

上旬下旬
**
等級0.00.1
視直径18.2″17.9″
星座へびつかいへびつかい
現象

天王星・海王星

天王星(中旬)海王星(中旬)
**
等級5.87.8
視直径3.5″2.3″
星座うおみずがめ
現象
  • 17日 天王星:西矩

6月の星空

2017年 6月

梅雨の季節となり、今月は晴れた星空を見られる日が少なくなりそうだ。この時期に見ごろとなる星座や天体の観察には、貴重な機会を逃さないようにしよう。スッキリと晴れていなくても、雲間に見える星や月を探すのも面白い。

とくに見ものなのは縞模様やガリレオ衛星が楽しみな木星と、ここ数年のうちで環が一番広く見える土星だ。とくに木星は宵のころに高く上っているので見やすい。天体観望会に参加して、大きい天体望遠鏡でじっくり眺めてみよう。土星は深夜に最も高くなるため観望会で見るのは難しいかもしれないが、9~10日に満月と並ぶ光景は肉眼でも楽しめる。

明け方の東の空には明けの明星の金星が輝いている。見晴らしが良ければ2時半から3時ごろには見え、この季節の夜の短さを実感できるだろう。夏至である21日の明け方に細い月と共演する

今月の星空 6月

全天星図

図は、15日の午後8時頃に、南に向かって見上げたときの星空です。
月初めは午後9時頃に、月末は午後7時頃に同じような星空になります。

今月の惑星 6月

水星

上旬中旬下旬
***
等級-0.6-1.5-1.8
視直径5.9″5.2″5.1″
星座おうしおうしふたご
現象
  • 21日 外合
  • 29日 火星の北を通る

金星

上旬中旬下旬
***
等級-4.3-4.2-4.2
視直径23.4″21.0″19.1″
星座うおおひつじおひつじ
現象

火星

上旬下旬
**
等級1.71.7
視直径3.7″3.6″
星座おうしふたご
現象
  • 29日 水星が北を通る

木星

上旬下旬
**
等級-2.2-2.1
視直径40.2″38.0″
星座おとめおとめ
現象
  • 10日 留

土星

上旬下旬
**
等級0.00.0
視直径18.3″18.3″
星座へびつかいへびつかい
現象

天王星・海王星

天王星(中旬)海王星(中旬)
**
等級5.97.9
視直径3.4″2.3″
星座うおみずがめ
現象

事務所入口のモッコウバラ

モッコウバラ

5月の星空

2017年 5月

木星の見ごろが続いている。ガリレオ衛星の動きや表面の縞模様を、双眼鏡や天体望遠鏡で見てみよう。休みの日に科学館などで大きい望遠鏡を覗かせてもらうのもおススメだ。

木星は現在おとめ座の中をゆっくりと逆行していて、1等星スピカから離れ3等星ポリマへと近づいている。7~8日にはそこに月も加わり、月と木星の共演(肉眼や双眼鏡で)や、月がポリマを隠すポリマ食(望遠鏡で)が見られる。

連休終盤にはみずがめ座η流星群が活動のピークを迎える。6日の未明から明け方が一番の観察チャンスだ。1時間あたり5~10個と数は多くないが、夏の大三角や明けの明星の金星などを眺めながら流れ星を待ってみよう。

東の空の高いところに、北斗七星からうしかい座のアルクトゥールス、おとめ座のスピカへと春の大曲線が大きくのびている。カーブに沿って伸びをするかのように、のんびりと広く空を見渡そう。

今月の星空 5月

全天星図

図は、15日の午後8時頃に、南に向かって見上げたときの星空です。
月初めは午後9時頃に、月末は午後7時頃に同じような星空になります。

今月の惑星 5月

水星

上旬中旬下旬
***
等級1.70.70.1
視直径10.5″8.7″7.1″
星座うおうおおひつじ
現象

金星

上旬中旬下旬
***
等級-4.5-4.5-4.4
視直径35.5″30.5″26.7″
星座うおうおうお
現象

火星

上旬下旬
**
等級1.61.7
視直径3.9″3.7″
星座おうしおうし
現象

木星

上旬下旬
**
等級-2.4-2.3
視直径43.2″41.4″
星座おとめおとめ
現象

土星

上旬下旬
**
等級0.10.0
視直径17.8″18.2″
星座いてへびつかい
現象

天王星・海王星

天王星(中旬)海王星(中旬)
**
等級5.97.9
視直径3.4″2.2″
星座うおみずがめ
現象
  • 8日 天王星:水星が南を通る

12345678910

アーカイブ

このページのトップへ